セサミンが効果を発揮

ゴマの写真

サントリーのセサミン・サプリメントは1カプセルにゴマ3000粒分のセサミンが含まれています。これをごま油で取ろうとするとカロリーが高すぎてかえって体に負担をかけてしまいます。
(参照:セサミンはゴマの貴重な成分

ゴマに僅かしか含まれていないセサミンが体に大きな健康効果を発揮します。ゴマには昔から数々の健康効果が知られています。これらゴマの効能にはセサミンによる効果も少なからずあるようです。
セサミン効果で一番特徴的なのは「抗酸化作用」です。セサミンは発見された当時、試験管の中では有効効果が少なく、あまり重要視されていませんでした。ところが、セサミンが体に吸収、肝臓で分解され活性セサミンに変化すると抗酸化作用など多くの健康効果を発揮することが発見され、注目を浴びるようになりました。
セサミンの抗酸化作用による効能はアンチエイジング効果にとどまらず、血圧降下作用やしみ、白髪の予防など美容効果も発揮することがわかってきました。さらに、コレステロール低下作用、お酒の飲み過ぎで疲れた肝臓をいたわる事も発見されています。

セサミンの健康効果

抗酸化作用
ゴマの有効成分であるセサミンには強力な抗酸化作用が知られています。セサミンの抗酸化作用は体に吸収され肝臓で活性化セサミンに変化することで発揮されることがわかりました。肝臓では化学工場のように各種の化学変化が行われ、多量の活性酸素(フリーラジカル)が発生しています。肝臓で発生する活性酸素を強力に除去するセサミンの働きは老化防止のほか、がん予防効果も期待できます。
コレステロール低下作用
セサミンにはコレステロールを下げる効果も報告されています。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、セサミンは悪玉コレステロールを下げる作用があります。
アンチエイジング効果(老化防止)
セサミンの老化防止(アンチエイジング)効果は抗酸化作用がもたらしているとも言えます。「人間が老化するのは細胞が酸化するから」とも言われるほど、活性酸素による細胞の損傷は老化を促進してしまいます。中高年に発生する病気(がん、動脈硬化、etc)の多くは活性酸素が原因とも言われます。セサミンの抗酸化作用で活性酸素を除去し老化を防止することが出来ます。
肝臓機能の保護
セサミンは物言わぬ臓器である肝臓をいたわる働きもしてくれます。肝臓は体の化学工場といわれるほど栄養素の分解や解毒作用を行っています。お酒をたしなむ方は知らず知らずのうちに肝臓を痛め脂肪肝などに進行することもあります。セサミンはエタノール酸化を促進する作用があり、お酒による肝臓の障害を緩和する作用があります。
血圧降下作用
セサミンには血圧降下作用も期待されます。昔からゴマの健康効果に血管を丈夫にする効果があるといわれてきました。これは、セサミンの抗酸化作用により血管を守ることが理由でしょう。
美容効果(しみ、白髪、美肌)
セサミンには美容効果があることがわかってきました。老化が原因といわれるしみや白髪も実は活性酸素がお肌や毛根に作用して正常な細胞を破壊することが原因です。セサミンの強力な抗酸化作用で体の隅々まで活性酸素(フリーラジカル)を撃退することであきらめていたしみや白髪を改善する効果が期待できます。

セサミンのこれらの健康効果をよりパワーアップするため、セサミンを中心とした健康サプリメント「セサミン・シリーズ」が発売されています。
(参照:サントリーセサミン商品紹介


posted by セサミン at 22:11 | 効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。